ご挨拶


弊会は2003年7月に「公正な医療体制整備を求める市民の会」として第1弾の情報を発信。この時から、八千代市医療センター(破格の100億円を要して東京女子医大を誘致しました)に関わる問題点を明らかにし、2004年5月から「情報公開と市民の会」の名称で、市民に情報提供をしてきました。その後、2005年2月から会則を整備し、会費を中心とした財政も確立して活動を続けてきました。

病院誘致問題の他にも、市内で起きた様々な疑問や問題点について調査と議論を重ねました。その都度、市政の情報公開を求めたり、議会への陳情・請願を行ったりして、問題解決への努力と市民への情報提供を継続してきました。

その後も①ハコモノ事業である、新川周辺地区都市再生計画の「事業別賛否を問う住民投票条例制定を求める」運動を経て、同計画の見直し②市民参加の議会運営と議会活動の活性化を基本理念とする議会基本条例の制定運動③市民の知る権利などを会のテーマにしてきました。

さて、あなたも弊会に入会しませんか?見学だけでも大歓迎です。「ちょっと難しそうだなあ…」と感じるかもしれませんが、そんなことはありません。テーマはすべて私たち市民が日常的に体験したり感じたりすることばかりですし、主婦やサラリーマンも参加しています。八千代市民として、日常生活での疑問や不満にたいする解決への道を共に考えてみませんか? (情報公開と市民の会・代表 杉田 尚志)

●事務局からのお知らせ
これまで長年にわたり公式ホームページにて情報発信を行ってきましたが、システムのトラブルにより表示不能となりました。また、移転もできなくなりました。お詫び申し上げます。
今後は本サイトにて新規に情報発信を再開いたします。
なお、これまでの情報を御希望の方は、下記までご連絡いただければ別途に提供いたします。(2016年11月1日)

メールアドレス 4111920001@jcom.home.ne.jp








2016年11月5日土曜日

会の主張②

いま、市民の知る権利があぶない!シリーズ②
理解不能。市議会が請願を継続審議あつかいに!

既報のとおり、9月議会において弊会が提出した請願を、自民・公明系の多数派が「願意は妥当」としつつも、「百条委員会が今後、再発防止策を協議する予定がある」として、請願を継続審議とする案を可決しました。これは市民感覚では理解不能な決議です。継続審議決議に反対し、請願採択を求めたのは、27名中、植田、堀口、伊原、原、橋本、高山、菅野、奥山、三田市議の9名でした。これでは本当に市民の知る権利が危ないのです。

なお、継続審議に対して、三田、植田、原の3市議が反対討論をしています。ここでは三田市議の反対討論を掲載します。

三田 登市議・反対討論
請願第8号「部長会議会議録を従来の全文筆記形式に戻し、録音と録音データの保管を求める件」について、委員長報告では継続審議でしたが、本請願の採択を求める立場で討論をおこないます。

これらの問題については、本議会において、市長から、「今後、庁議会議録は発言者を明記し、より詳しく全文筆記に近い形にする。また、録音データも次年度終了まで保管する」旨の答弁がなされました。

そして、総務常任委員会における議論でも請願者の願意は理解されている内容でした。これら、一連の経緯において、本請願内容に対して争いはないわけであります。したがって、議会としては、市長答弁を言葉だけではなく実行を迫る意味でも、請願を採択することが肝要と考えます。

先に述べたように、同委員会においては「願意は妥当」としつつも、継続審議とする主な理由として、「百条委員会が今後、再発防止策を協議する予定がある」ことをあげています。

ならば、なおさら、請願を採択することによって、市民の求めを背景としたうえでの再発防止策の協議という位置づけができるではありませんか。

いうまでもなく、付託先委員会の任務は、請願内容が妥当かどうかの判断をすることであり、したがって、委員会での議論でも反対意見がなかったことを踏まえるならば、当然、請願は採択されるべきであります。

にもかかわらず、百条委員会の都合を優先し、請願を継続審議とするならば、常任委員会の決定は、議会の都合と市民の請願を混同するものであり、結果的に地方自治法の定める請願権の軽視につながりかねません。

そもそも、今回の百条委員会の目的は、「公文書改ざん問題」における、「市民の知る権利があぶない」という市民の市政への不信感に対して、真相を究明し、行政と議会が市民に説明責任を果たすことにあるはずです。

そのような情勢のなかでの本議会での常任委員会の判断は、市民から「議会は一体どこに顔を向けているのか」という批判が起きかねず、市民と議会との信頼関係を損なう可能性もあるのではないでしょうか。

このさい、本議会において、付託先常任委員会での再協議と請願の採択をおこなうことを強く求めて、討論といたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿