ご挨拶


弊会は2003年7月に「公正な医療体制整備を求める市民の会」として第1弾の情報を発信。この時から、八千代市医療センター(破格の100億円を要して東京女子医大を誘致しました)に関わる問題点を明らかにし、2004年5月から「情報公開と市民の会」の名称で、市民に情報提供をしてきました。その後、2005年2月から会則を整備し、会費を中心とした財政も確立して活動を続けてきました。

病院誘致問題の他にも、市内で起きた様々な疑問や問題点について調査と議論を重ねました。その都度、市政の情報公開を求めたり、議会への陳情・請願を行ったりして、問題解決への努力と市民への情報提供を継続してきました。

その後も①ハコモノ事業である、新川周辺地区都市再生計画の「事業別賛否を問う住民投票条例制定を求める」運動を経て、同計画の見直し②市民参加の議会運営と議会活動の活性化を基本理念とする議会基本条例の制定運動③市民の知る権利などを会のテーマにしてきました。

さて、あなたも弊会に入会しませんか?見学だけでも大歓迎です。「ちょっと難しそうだなあ…」と感じるかもしれませんが、そんなことはありません。テーマはすべて私たち市民が日常的に体験したり感じたりすることばかりですし、主婦やサラリーマンも参加しています。八千代市民として、日常生活での疑問や不満にたいする解決への道を共に考えてみませんか? (情報公開と市民の会・代表 杉田 尚志)

●事務局からのお知らせ
これまで長年にわたり公式ホームページにて情報発信を行ってきましたが、システムのトラブルにより表示不能となりました。また、移転もできなくなりました。お詫び申し上げます。
今後は本サイトにて新規に情報発信を再開いたします。
なお、これまでの情報を御希望の方は、下記までご連絡いただければ別途に提供いたします。(2016年11月1日)

メールアドレス 4111920001@jcom.home.ne.jp








2017年1月2日月曜日

会の主張③

いま、市民の知る権利があぶない!シリーズ③
12月議会で弊会の請願が採択。市民の知る権利を守る運動が一歩前進!!

既報のとおり、9月議会において弊会が提出した、「部長会議会議録を従来の全文筆記形式に戻し、録音と録音データの保管を求める」請願を、自民・公明系の多数派が「願意は妥当」としつつも、「百条委員会が今後、再発防止策を協議する予定がある」という訳の分からない理由で請願を継続審議とする案を可決しました。

弊会の事務局長でもある三田登議員は、継続審議への反対討論を行い、①三田議員の追及に市長が「今後、庁議会議録は発言者を明記し、より詳しく全文筆記に近い形にする。また、録音データも次年度終了まで保管する」旨の答弁をしたこと。②議会としては、市長答弁を言葉だけではなく実行を迫る意味でも、請願を採択することが肝要。③「百条委員会が今後、再発防止策を協議する予定がある」という理由は、議会の都合と市民の請願を混同するものであり、結果的に地方自治法の定める請願権の軽視につながりかねない。と議会で訴えています。

そして、今12月議会で審議が継続され、総務常任委員会において、賛成全員で採択。最終日の総括審議でも賛成26、反対1の賛成多数で採択されました。

録音データが次年度終了時までという点については、引き続き課題とされつつも、市民の請願を契機として改善されたことは評価されるべきだと思います。

しかし、まだ一歩前進にすぎません。「情報公開と市民参加」を旗印にしていた秋葉市政の欺瞞を暴き、市民の知る権利を守り、かつ前進させるたたかいは今後も大きな課題となります。