ご挨拶


弊会は2003年7月に「公正な医療体制整備を求める市民の会」として第1弾の情報を発信。この時から、八千代市医療センター(破格の100億円を要して東京女子医大を誘致しました)に関わる問題点を明らかにし、2004年5月から「情報公開と市民の会」の名称で、市民に情報提供をしてきました。その後、2005年2月から会則を整備し、会費を中心とした財政も確立して活動を続けてきました。

病院誘致問題の他にも、市内で起きた様々な疑問や問題点について調査と議論を重ねました。その都度、市政の情報公開を求めたり、議会への陳情・請願を行ったりして、問題解決への努力と市民への情報提供を継続してきました。

その後も①ハコモノ事業である、新川周辺地区都市再生計画の「事業別賛否を問う住民投票条例制定を求める」運動を経て、同計画の見直し②市民参加の議会運営と議会活動の活性化を基本理念とする議会基本条例の制定運動③市民の知る権利などを会のテーマにしてきました。

さて、あなたも弊会に入会しませんか?見学だけでも大歓迎です。「ちょっと難しそうだなあ…」と感じるかもしれませんが、そんなことはありません。テーマはすべて私たち市民が日常的に体験したり感じたりすることばかりですし、主婦やサラリーマンも参加しています。八千代市民として、日常生活での疑問や不満にたいする解決への道を共に考えてみませんか? (情報公開と市民の会・代表 杉田 尚志)

●事務局からのお知らせ
これまで長年にわたり公式ホームページにて情報発信を行ってきましたが、システムのトラブルにより表示不能となりました。また、移転もできなくなりました。お詫び申し上げます。
今後は本サイトにて新規に情報発信を再開いたします。
なお、これまでの情報を御希望の方は、下記までご連絡いただければ別途に提供いたします。(2016年11月1日)

メールアドレス 4111920001@jcom.home.ne.jp








2019年8月26日月曜日

寄稿⑩

「市庁舎整備を考える市民の会」が市内全域で大掛かりな宣伝行動!
「市庁舎整備を考える市民の会」は、8月中旬から市内全域で大掛かりな情報宣伝活動を展開しています。2万枚のニュースのポスティング、市内全駅での駅頭宣伝行動を行っています。また、来たる8月30日には「第5回市庁舎整備を考える市民学習会」が予定されています。
以下、「市庁舎整備を考える会ニュース」を転載します。(寄稿・三田)


老朽化した公共施設がたくさんあるのに…。
なぜ市庁舎だけに莫大な費用をかけるのか?

市民に説明不足の「市庁舎整備基本計画」
耐震不足の市庁舎の整備手法が、従来の耐震化・大規模改修工事から、平成28年に建て替えに方針転換されて、5月に「市庁舎整備基本計画」が広報やちよに発表されました。

そもそも、市庁舎建て替えの事業費は105億円と公表されていました。しかし、後から市民に事前説明もなく予算計画が追加され、事業費がてんこ盛り状態になっています。整備基本計画によれば総事業費約118億3千万円。従来方針だった耐震化・大規模改修工事の約30億円から大幅に増額されたわけですが、大部分を市債(借金)で賄う方針です。

ところが、事業費はこれだけではありません。別館と第2別館は改修して利用する方針なのに、広報やちよに事業費は掲載されていませんでした。「検討中」と言い訳していましたが、これでは市民に118億3千万が総額と思われても仕方がないところです。市民への説明が決定的に不足しています。

基金を使っても100億円の借金!?
別館と第2別館の改修費用は巨額の費用が見込まれます。また、付帯費用、引っ越し費用、備品代なども億単位の費用が予想されます。さらには起債による金利も発生します。そうなると、少なくとも130~140億円の費用が予想されます。

市は基金を設置し、年5億円を計上して6年で30億円を用意するから負担は少ないと説明していましたが、費用がどんどん膨張して、差し引いても100億円以上の借金を抱えることが予想されます。この膨大な借金は市民が負担するのです。

「市庁舎整備基本計画」の抜本的見直しを
市側は「防災拠点化」を強調していますが、市庁舎以外の老朽化する公共施設の震災にどう対応するのかという問題を後回しにしています。耐震不足と診断された施設も多くあります。しかし、公共施設等管理計画では「検討」ばかりです。

いざという時に大震災は同時にくるのですから市庁舎だけでなく全ての公共施設の老朽化・耐震化対策や対策やインフラ整備が急がれています。このさい、当初の計画であった耐震化・大規模改修工事への方向転換も含めて「市庁舎整備基本計画」の抜本的見直しが求められています。

第5回・市庁舎整備を考える市民学習会
テーマ:「市庁舎整備基本計画」を考える(庁舎総合整備課による出前講座)
日 時:8月30日(金)10:00~12:00
会 場:八千代市生涯学習プラザ(第1研修室)

2019年6月29日土曜日

活動報告⑧

市民の議会改革を求めた請願が採択される!
請願を全員賛成で採択
6月26日に八千代市議会の6月議会が閉会しました。

消費税増税に伴う議案が多く、消費税の財源は大部分が社会保障に使われておらず、それを「幼児教育無償化」「プレミアム商品券」などの目くらましで国民の目を欺こうとしています。

また、八千代市議会は、常任委員会が同時開催されており、市民が傍聴しにくい開催形式になったいる現状(同時開催は八千代市と千葉市だけ)に対して、情報公開と市民の会を中心とした市民から「常任委員会の開催時間をそれぞれずらして市民が確実に傍聴できるようにすることを求める」請願がだされました、

市民は、紹介議員の署名をお願いして、全会派を廻りましたが、結局、署名したのは三田議員(無所属)と堀口議員(共産)の二人だけ。

三田議員も賛成討論を行いました。採択については他会派から横槍がはいるかと予想していましたが、全会一致で採択されることになりました。さすがの自民・公明会派も反対したくてもできない内容だったということでしょう。

さっそく議会閉会後に議会運営委員会が開かれ、9月議会から改善して実施する提案が出されました。

市民に、より議会への関心と問題意識を高めていただき、市民に開かれた議会、市民に見える議会をめざして議会改革を推進するのは、私たち議員、議会の責務です。

その点で、市民による大きな成果であったと思います。

2019年6月10日月曜日

活動報告⑦

常任委員会傍聴開催時間の改善を求める請願を提出
6月3日から八千代市議会(第2回定例会)が開会されました。
情報公開と市民の会に賛同する市民が、同時開催で傍聴しづらい形態の常任委員会開催の改善を求める請願書を議会に提出しました。なお、三田登議員、堀口明子議員が紹介議員となり提出されています。(下記参照)

請願書
4常任委員会の開催時間をそれぞれずらして市民が確実に傍聴できるようにすることを求める件

(請願趣旨)
現在、八千代市議会の2常任委員会は同日、同時刻に開催されているため両委員会の傍聴を希望する市民はどちらかを選択せざるを得ず、一方の委員会の状況は議事録により推察する以外方法がありません。また、2件以上の陳情を提出した当事者は、別々の委員会で審議される場合、一方の討論状況を傍聴できません。                                 

尚、近隣自治体の議会での事例を見ても、八千代市のように同日、同時刻に委員会が開催されている例は殆ど見当たりません。この様な状況を改善するため、委員会の開催日時の変更を要望します。

(請願内容)
1.現在、2常任委員会が1日に同時開催されている形式から、開催日または時間をそれぞれずらして4常任委員会を市民が確実に傍聴できるように変更されたい。以上

(請願者)                                                                
今村    弘美   他10名

2019年6月9日日曜日

活動報告⑥

2019年度・定期総会が開催されました
去る3月30日に2019年度・定期総会が開催されました。
報告が大幅に遅れましたことを深くお詫び申し上げます。以下、議案書の要旨にてご報告といたします。

主な取り組み
①東南公民館まつりにて「やっぱり、おかしい100億円の市庁舎建て替え計画!」のテーマでパネル展示を行った

②市議選直前に「こんな人物を議員にしていいのでしょうか?!」と題した落選ビラを市民が主役の会と連携して宣伝行動を展開した。また、機関決定ではないが個人参加形式で、会のメンバーである三田市議の再選にも貢献した。

③「市民が主役の市政を実現する会」「安倍9条改憲NO!市民アクショやちよ」「脱原発やちよネットワーク」「八千代9条の会」「八千代・原爆の絵展」などの運動と個別的ではあるが連携した。

④定例会を継続して議論を深めていった。

 活動の発展に向けて
①市民への情報の提供と共有
わが会は、2003年7月に「公正な医療体制整備を求める市民の会」として第1弾の情報を発信。この時から、八千代市医療センター(破格の100億円を要して東京女子医大ありきで誘致)に関わる問題点を明らかにし、2004年5月から「情報公開と市民の会」の名称で、市民に情報提供を行ってきた。

その後、15年にわたり粘り強く「山椒は小粒でもぴりりと辛い」活動を継続してきた。行政も議会も市民に正しい情報を提供してはいない。せいぜい事後報告である。今後も市民への正しい情報の提供と問題意識の共有を目指して活動を展開する。

②引き続き公約違反の服部市政への批判強化を
市長選挙における服部候補の目玉公約である「東葉高速の運賃値下げ」「京成沿線高架化」は単なるアドバルーンであり、実現する気はサラサラなかったことは明らかであり、明らかな公約違反である。「はっとりノミクス」なるものは何ら中味のないもので、就任以来、具体的な政策に関する発言は皆無である。

とりわけ、経常収支比率、公債費、負担比率、将来負担比率の高止まり、積立金不足、市債残高の増加傾向など、市の言う「財政の硬直化」に対する対策もなく漫然としている服部市長はすでに無能市長の烙印が押されている。

とりわけ「財政の弾力性を示す経常収支比率は0.7ポイント増の95.6%となり、財政の硬直化がより進んでいる」(「平成31年度八千代市予算の概要」より)財政力指数が比較的まともなことを勘案すれば、いかに無策かがわかる。自・公・保守会派が支持する与党政権にあぐらをかく公約違反の服部市政への批判強化を取り組む。

③議会対策
一昨年の12月議会では「部長会議の録音と録音データの保管を求める」請願採択を勝ち取り成果を得たが、以降はなかなか請願を出せない状況が続いている。無意識のうちに「どうせ採択されない」という諦めがないだろうか。自・保・公会派による民意不在の議会には、たえず注視し、監視し、市民に情報提供と共有する責務がわが会にはある。議会に市民の声を提起する取り組みと傍聴体制の強化をめざす。

④市庁舎建て替え反対運動の取り組み
多くの公共施設老朽化による耐震不足の耐震化対策が急がれるなか、秋葉市政は近づく市長選のパフォーマンスのために市庁舎建て替えを優先し、他の公共施設耐震化を後回し。市民の安全も後回しされた。服部市政においても、問題点は全く検証されず踏襲されており、秋葉当時市長と同様にその責任は重い。

服部市長は誘導型アンケートと事後報告でしかない「市民説明会」をひらいて「市民合意」をアリバイ化した。また、市の御用委員会の八千代市庁舎整備基本計画検討委員会の「八千代市庁舎整備基本計画に関する提言書」は、2月にそのまま市の「八千代市庁舎整備基本計画」としてコピペされた。

さらに驚くことは、当初の建設費予算約105億円が約128億円まで膨らみ、なおかつ改修・再活用の別館、第2別館の費用は別で、いまだ提示されていない。引っ越し代や備品、付帯費用は別で、総費用は予想もつかない額に膨張しそうである。ちなみに同規模で建て替えした習志野市庁舎は建設費約90億円、総費用でも約94億4千万円と、いかに八千代市が高額なのかが分かる。
市民が主役の会は市庁舎整備問題に特化した「市庁舎整備を考える市民の会」を結成した。

今後は大衆運動を構築しつつ、市民合意による市庁舎整備をめざして住民投票運動を展望している。協力団体でもあるわが会も運動に連携してゆく。

⑤イベントの取り組み
かつては市民フォーラムやシンポジウムなどを独自に企画・主催してイベントを開催していたが、近年は実現していない。他団体との共催も含めて取り組みをめざす。

⑥会報の発行
市民への情報の提供と共有活動は会活動の基本である。テーマを決めて、2~3カ月に1回程度は会報ビラを発行し、駅頭宣伝や地域ポスティング活動も展開する。

⑦組織拡大
昨年度は久々の新規加入があった。ただ、会員数は頭打ちである。それでも一定の未加入支持者がおり、個別にでも参加を求めてゆく。

⑧その他

役員人事
(代表代行)    三田  登
(副代表)     今村 弘美
(事務局長)      三田  登(兼任)
(会 計)       柿崎  孝
(監 査)     田宮 正信

会計報告
①2018年度会計報告(省略)  
②2018年度会計監査報告(省略)

2018年12月24日月曜日

活動報告⑤

~八千代市議会議員選挙~
史上最低投票率を更新。このままでは自公会派による民意不在の議会運営を許してしまう
去る12月16日に、八千代市議会議員選挙の投票が行われました。定数28に対し33人が立候補。現職23人、新人5人が当選しました。党派別では、自民6、公明5、共産4、立憲1、国民1、維新1、NHKから国民を守る党1、無所属9。ただし、9人の無所属には隠れ自民党が7人もおり、自民党支配がさらに強まると思われます。

深刻なのは、引き続く低投票率。当日有権者数は15万9740人。投票率は前回を4.49ポイントも下回る34.89%で、10万人以上が棄権したことになります。いよいよ政党・組織票有利となり、民意を反映した選挙とは、かけ離れたものになっています。

情報公開と市民の会は、選挙前の11月に「投票すべきではない3候補」をビラで有権者に問題提起しました。残念ながら当選を許してしまいましたが、下記にビラの内容を掲載します。

11月配布のビラ(本文)
平成30年12月16日八千代市議会議員選挙 選挙ビラには候補者が有権者にアピールしたい情報だけが記載されています。有権者の皆さまがごらんになる市議会議員候補者の選挙キャンペーンパンフレットは、候補者の顔写真、氏名、住 所、所属する組織・党派、略歴、信条、政策課題、議会における活動状況、支援グループ・後援会関連の記事などで構 成されています。

こうした候補者から提供される情報には候補者にとって不都合な記事、あるいは有権者からみてその候補者の人格、見識、能力などに不安を抱かせる惧れがあるデータまで開示してあるケースは皆無です。

私たち「情報公開と市民の会」は候補者から供給される情報だけでなく、検索できるかぎりの八千代市議会の記録、および新聞やテレビなどマスコミにより報じられたニュースも参考にして各候補者の評価をおこなっています。

以下に現職の市会議員26名と元首長1名のグループを対象にして、世間一般の規範から極端に逸脱しており看過すべきでないと判断されるケースについてご報告しますから、候補者選定にあたり、有権者各位のご参考にしていただくようお願い致します。

塚本路明市議
不倫裁判敗訴で八千代市議会から6回も辞職勧告あるも、無視。
八千代市内の女性との不倫行為の裁判で敗訴、慰謝料支払いの判決あり。市議会の意向に反して居座りを続ける。 本人の議員活動を評価すること不可能。

大澤一治・元八千代市長
汚職で実刑・服役。道義的に立候補が許さるのか?
大沢元市長は2002年に八千代市清掃センター運転管理義務契約に絡む収賄容疑で起訴され、懲役2年半、追徴金4600万円の有罪判決・服役。刑期を終えたのち、千葉県議選にチャレンジしたが、欠格事由あって断念、ついで八千代市議選に。刑務所でミソギを済ませたから有権者の信頼を期待するというらしいが、信用できない。

伊東幹雄市議
36年在職のベテランだが意欲ゼロ。かつて辞職勧告も。
1983年に家電販売業者の店舗出店にからみ便宜供与の不正行為の廉により辞職勧告を受けた。最近4年間の任 期中に本会議で執行部との質疑で登壇したのは16分間で1回だけ。本会議中に頻繁に議場からは離れて数時間も 空席のまま。市会議員の職責を果たす意欲ゼロ。

議員別一般質問回数
市議会では定例会ごとに1議員1時間一般質問の機会があります。質問には内容も問われますが、市民から負 託された議員としてまず権能を果たすことです。(平成26年~30年第3回定例会。議長期間は除く)
(注意)一覧表はクリックして拡大版にてお読みください


2018年10月26日金曜日

活動報告④

~公民館まつり・パネル展示部門に参加
やっぱり、おかしい100億円の市庁舎建て替え計画!

熱心にパネルを読む来場者
去る10月20日~21日に八千代市の9公民館登録サークルが共催する「八千代市公民館まつり」がありました。弊会は18年前に結成され「学習だけでなく行動もする。山椒は小粒でもぴりりと辛い市民団体」を自負しています。いわば「異端児」ですので、お祭りの類には少々場違いの感にも意に介さず毎年参加しており、パネル展示の部で辛口のアピールを続けています。

さて、今回は八千代市が老朽化した市庁舎の整備手法において「約30億円で耐震化・改修工事を行う」予定が、突如として「約113億円で立て直し」に方針転換した秋葉就一当時市長(元・民主系)が昨年落選(性懲りもなく来年の県議選に出馬とか)しましたが、当選した後任の服部友則現市長(現・自民系)も、何も考えず(考える能力がないのかも)秋葉路線を全面踏襲の愚。

長くなるので簡単に結論だけ述べますと「財政難に苦しむ八千代市に豪華絢爛(大部分が借金)な新市庁舎は不要。国の緊急防災・減災事業債を活用すれば10億円台で済むし、その余力を他に回せば削減されている市民サービスが向上することは明白だ」とアピールしたわけです。今後も共闘できる議員と連携して、建て替え計画を撤回させたいと考えています。
八千代市役所・本館庁舎。まだ使えるぞ!
ところで「公共施設の老朽化」は全国の自治体で共通の重要課題となっています。この問題では、ベストセラー「朽ちるインフラ」で著名な根本祐二・東洋大学教授が指摘しています。著書では「総額330兆円、今後50年間にわたり年間8.1兆円。それが老朽化した社会資本の更新投資額の試算。このままでは解決は不可能だ」と結論づけています。

では、どうするのか。早い話が「3割前後は売るなりして処分してしまえ」というものです。同時に統廃合やPFIで乗り切れといいます。でも、計画の策定段階でPFI業者にプランニングしてもらい、自治体はそれらから選択するだけなら、残念ながら、そこに行政のアイデンティティーは存在しません。そして、当然ながら以前より市民サービスは低下するわけですが、その点、根本教授様は「我慢しろ」と、おっしゃる。やれやれ、こんな学者がもてはやされる(時々テレビに出ています)時代なのですね。

実はこの根本教授様、わが八千代市の住人で、八千代市にも同様の提言をしていますが、どうにも教授様の後ろにはゼネコンの影がちらほら見えているのです。こりゃあ、教授様の主張を鵜呑みにすると火傷するかもしれません。(文責・三田)

2018年8月4日土曜日

寄稿⑨

「道徳」の教科化は教育の国家統制だ!
                      三 田  登
こりゃあ、問題だ!
「立憲ネット・千葉」の学習会
わが、アホお坊ちゃま宰相の安倍総理。これまでも特定秘密法、戦争法、共謀罪、マイナンバー、残業代ゼロ法、憲法改悪策動等々、多くの国民不在のアホ政策を強行。そして夫婦そろってのモリカケ疑惑。当然、支持率は下落。それでも自民党総裁再選確実とか。「世の中、おかしいぜ!」と嘆くのは私だけではないはず。

第1次・安倍お坊ちゃま内閣誕生時に、まず上げたアドバルーンが「美しい国、日本」「戦後レジームからの脱却」。つまり、戦後平和憲法を帝国憲法に戻して「脱却」し、日本を戦前戦中のファシズム社会に戻して、軍靴が沿道に響く社会が「美しい国、日本」の姿だと。その、お爺ちゃん譲りの発想はまるで変わらず。勉強不足と活舌の悪さも相変わらずです。

さて、またまた危ないのが安倍の大好きな「道徳教育」。これまで教科外活動だったのが2015年の学習指導要領改悪により「教科」となることが決定。

そもそも、「いじめ問題」が契機だったのに、「生徒に道徳教育をすれば、いじめは解決する」とかいう理解不能な理屈で決定。背景には安倍の戦前回帰・国家主義思想が反映されていることは論を待ちません。

そこで、去る7月26日に、私も参加している「自治体議員立憲ネットワーク・千葉」の会合があり、「中学校の道徳教科書について」をテーマに、大野博美佐倉市議(市民ネット)からの報告と参加者による議論がありました。猛暑のせいか、参加者は少なめだったものの、とても参考になりました。

ちなみに8社が中学校「特別の教科・道徳」を発行。そのなかでも特に酷いのが新規参入の日本教科書(株)。同社は、侵略戦争を賛美する育鵬社と関係が深い「日本教育再生機構」理事長の八木秀二・麗澤大教授が社長。安倍の政策ブレーンです。また、同社は「マンガ嫌韓流シリーズ」というヘイト漫画本も発行。これが結構売れているというから、やっぱり世の中おかしいぜ!

教科書の内容は酷いものですが、FBでは長くなるので中味は割愛しますが、関心のある方は「子どもと教科書全国ネット21」まで、お問い合せください。

また、アエラが昨日、「道徳の教科化。初の通知表に現場は困惑。いずれ点数化の危惧も」と問題提起の記事を発信していますので、こちらも是非。

いずれにせよ、人の「道」も、人の「徳」も様々。多様性があって当然であり、ましてや国が教科として、価値の決めつけや採点などできるはずがありません。教育現場の教師も困惑(そりゃ、そうだ。教師だってそんな勉強はしていない)しています。まさに教育の国家統制であり、安倍政権はまたひとつ大きな罪を重ねようとしています。